違反と投資情報
違反と投資情報
ホーム > 投資 > 株式投資の分析手法を覚えよう

株式投資の分析手法を覚えよう

私も最初は株もやっていなかったので何をどうしていいのかわかりませんでした。

そこでまずは株式分析の基礎を覚えるようにしました。

大別するとテクニカル分析とファンダメンタルス分析に分けられます。

 

テクニカルは、チャート分析とも言われ株価や日経平均等の記録であるチャートを見て過去の経験則から、こういう動きをした時には、このように動くという可能性が高いということを予測する手法です。

これに対してファンダメンタルズ要因とは、株式投資で言えば各銘柄で、各企業の業績や経営指標などを指します。

 

また。株式投資では、更にトレンド分析を行う必要があります。その為に大切な指標が日経平均株価の動きです。

日経平均株価のチャートでも、当然テクニカル分析が可能で、日本の株式市場に影響を与えるニューヨークダウやナスダックなどのアメリカ市場の値動きや原油価格、為替や金利動向などが、いわば日経平均にとってのファンダメンタルス要因と言うことが出来ます。

 

ただ、奥が深いので。全てを熟いするのは至難の業です。

ところが、初心者の方でもそんなに多く知識を詰め込む必要はなく、マージャンの役と同じで、覚えてもお目にかかれる機会はないような法則も多く、いくつかの代表的なものだけを覚えておけば、十分に取引が出来ます。

特に日経225先物は、個別銘柄以上にテクニカル分析に忠実に動くことが知られており、基礎知識や代表的な法則を知っておけばとても役に立ちます。